日向を歩く猫散歩

埼玉で働く、25歳のタクシードライバーのブログです。タクシーのあんなこと、こんなこと、ローカル的なことまで発信します!

経験者が語るアルバイト『ガソリンスタンド その②』

経験者が語るアルバイト『ガソリンスタンド』
こんばんは。

前回の更新から早くも1週間が経ってしまいました...。
俗に言う3日坊主ですね、はい。申し訳ない。

...気を取り直して、今回は「ガソリンスタンドの業務内容」についてです。

 

 

 

 

charuma1341.hatenablog.com

 

f:id:charuma1341:20190129005207j:plain

 

呼び込み

イベントの時やあまりに店が暇な時、旗を振って呼び込みをしたりしていました。

運転中、旗振ってる 邪魔な 頑張ってる人って見たことないですか?

イベントでBOXティッシュとか配ってるかもです。

場合によってはお得な体験できるかもしれませんよ。

ですが、最近はあんまり旗振りは見なくなりましたね。

きっと目立つために道路側へ近づいていき、歩行者より苦情とかが来たんでしょうね。

自分の後輩も、一度歩行者に当ててしまい、一緒に謝罪したことがあります...。

 

 

誘導

さぁ、お客様がやって来ました。ここで誘導です。

「おーらい! おーらい!」って大声で言ってるあれです。

声だけでなく、手を使ってしっかりわかりやすく伝えることが大事です。

お客様を適切な場所へ誘導するだけでなく、自分の身を守るためでもあります。

どういうことかと言いますと、あまり普段運転をしない方や、慣れていない方だと、

どうしたらいいのかわからなくなって、突然アクセルを踏んでしまったりしてしまい、

最悪の場合撥ねられるからです←
撥ねられるは言い過ぎかもしれませんが、自分も何度か当たりそうになったことはありました。

「おらいらいらい....」「おーーらい、おーーらい」など、人によって
様々な誘導をしているようですが、自分はなるべくゆっくり、大きな声を意識していました。

 

 

給油補助・声掛け・売り込み

これらについては、まとめて行っておりましたので、説明もまとめます。

お客様が給油の機械を操作している際、

「操作方法などは大丈夫でしょうか?」と声をかける給油補助。

この行為そのものを声掛けというか場合もあります。

わかるお客様であれば、そのまま作業してもらい、わからない場合は一緒に作業します。

 

次に、給油中のお客様に

「給油中に空気圧や、エンジンルームの点検を致しましょうか?」とご提案する声掛け。

基本的には「大丈夫です。」と返ってきます。

まぁ、皆さんディーラーなどでやっているんでしょうね。

もしお願いされた場合は、その場で点検作業を行います。

オイル・バッテリー・タイヤ空気圧がメインになってきますね。

 

最後に売り込み。

これは前の点検の中で、何か交換や修理を行うべき点を発見した際に行います。

ガソリンスタンドは、決してガソリンの売り上げだけで商売しているわけではありません。

むしろ、ガソリンだけじゃやっていけません、基本的には。

ですので、この売込みが結構重要な部分だったりします。

だからといって、決して強引な売り込みはNGです。

「このままじゃ事故する。」「絶対まずい。」などといったストレートな表現は控え、まずはお見積りなどを渡せれば十分かと思います。

現状をしっかり伝え、「もしよろしければご検討ください。」ぐらいで。

しっかりした対応さえ行っていれば、全員とは言いませんがお客様は戻って来てくれますので大丈夫です。

基本的にドライバーの方々の中では、ディーラーにてメンテナンスをすることが普通ですので、過度な期待は禁物です。

 

 

手洗い洗車

f:id:charuma1341:20190129014604j:plain

ガソスタ業務では、この作業が結構多いように思います。

自動洗車機(乗ったまま洗うあれ)があるお店だと、そちらの利用客が多い場合もありますが、晴れた日でしたら少なくとも2~3台は必ず手洗い洗車依頼がありました。

ボディの汚れを水で洗い流し、泡をかけてたら専用の道具を使って洗い、泡を流したら吹き上げる。

ざっくりとした流れはこんな感じです。

この中にコーティングだったり、車内清掃が入ったりしてきます。

気を付けるべき点は、洗い残しをしないこと、窓が開いてないか気を付けること、傷つけないことですかね。

お店によって細かな違いはあると思います。

また、洗車は季節とカラーによって難易度が変わります。

夏の日差しの強い日×黒いボディは、表面上の水がすぐに乾いてしまい、むしろそれが汚れになります。

時間との勝負です。

また、カラー関係なしに、冬の寒い日はすぐに霜が降りたような状態になってしまい、キレイに仕上げるのがなかなか大変です。

 

 

色々書きましたが、今回はこれぐらいで。

ではでは。