日向を歩く猫散歩

埼玉で働く、25歳のタクシードライバーのブログです。タクシーのあんなこと、こんなこと、ローカル的なことまで発信します!

タクシーの素朴な疑問にお答えします! Vol.03「給料ってどんなシステムなの?」

タクシー 給料

こんばんは、最近少しダウン気味のちゃるまです。

だからってブログ更新サボっちゃダメですよね...反省です。

ネタは少しストックできたかな。

 

今回は、「お客さんよりいただいた疑問シリーズ」第3弾。

お題は「給料のシステムについて」です。

やればやるだけ稼げる仕事ですが、詳しくはどうなっているのでしょうか。

 

 

 

A.二重の意味で、やればやるだけ稼げるお仕事です!

タクシーの給料は、日々の売り上げをベースに計算されます。

売り上げがよければ給料も上がる、つまりは【歩合給】ですね。

シンプルに、たくさん仕事すればたくさんお金がもらえるわけですが、

お客さん次第な部分もあるので、なかなか難しいとも言えます。

 

さて、「二重の意味で...」という風に表記しましたが、ちゃんと理由があります。

それは、歩合の割合計算の仕組みによるものです。

例えば、40万~45万円売り上げた場合、55%が貰えるものとします。

歩合の割合というのは、売り上げが上がるほど上がるようになっており、

45万~50万円は56%、50万円~55万円は57%...という風な感じに上がります。

上限値や割合は会社によって異なりますので、あくまでシステムの参考程度にお考え下さい。

 

プラスな部分をお話しましたが、1点注意点があります。

それは【足切り】というものです。

あまり聞かない単語かもしれませんが、ノルマのことですね。

上記の例で40万~45万円は55%としましたが、仮に足切りが40万だとすると

40万円以下は45%や50%というように、ガクッと割合がダウンしてしまいます。/p>

やればやるだけ貰える仕事であり、やらなければ全然貰えない仕事。

自分の行動が全て自分に返ってくる仕組みですね。

 

 

今回のまとめ

タクシーの仕事は組織や部署で行うものではなく、基本的にはソロプレイで行うものです。

何事も自己管理、自己判断でやらねばならない部分が多く、

お金に関してもやる気次第で大きく変化する、様々なことが全て自分に返ってくるお仕事です。

自分の頑張りをそのまま評価してもらいたい、誰かと連携したりするのは苦手といった方にお勧めですね。

売り上げに関してはお客さん次第な部分もありますが、日々の傾向をある程度予測して行動することは可能です。

組織としての仕事に疲れてしまった方は、1度検討してみてもいいかもしれませんね。

今回はこんな感じです。ではでは。

 

【次号はこちら】


【前号はこちら】